akihabarahills.com - 秋葉原ヒルズ.com
シンガポール自由自在 - 自動車が安くなりました!
[PR] CyberCiti社長日記 [PR] 海外格安航空券なら秋葉原ヒルズ
[PR] Jalan Minaki [PR] CyberCiti社長日記2
Singapore - シンガポール シンガポール自由自在
Singapore Travel Information
Singapore - シンガポール

メニュー
秋葉原ヒルズTOP 

シンガポール自由自在

はじめに

格安航空券

ビザ

渡航に必要なアイテム

GSM携帯電話

資金管理

渡航保険付帯クレジットカード

空港に着いたら

交通機関

日本から一番安い海外旅行?

ホテル・安宿

食事

罰金大国!

日本大使館

宗教

病気になりやすい!

ダイエットのチャンス!

インターネットカフェ

スモーカーに厳しい!

自動車が安くなりました!

仕事

街のあちこちにあるゴミ箱

マナーの悪い人々

投資のチャンス?

日の出、日の入り

飛行機の法律

フォト


ジョホールバール

はじめに

フォト

個人的出来事

その他・日記

携帯電話破壊・・・・

会話で得た知識

喜ばれる?友達へのお土産


自動車が安くなりました!

 かつてはシンガポールで自動車を買おうとすると、1000万円近くの資金が必要だったのですが、現在では、ナンバープレートの発行枚数を増やし、それにより値段が下がり、一般庶民にも車を購入しやすくなりました。自動車のナンバープレートは株式のように取引されており、値段が変動します。発行枚数を増やすということは、株式で例えると株式分割したようなもので、分割すれば当然値段も下がります。それにより、トヨタのカローラがかつてはS$80,000したのですが、現在ではS$50,000程度で購入できるそうです。S$1がこのページを作った時点では約75円なので、約375万円でカローラが買えるということになります。375万円でカローラってまだ日本と比較すれば高いのですが、かつてと比較すると購入しやすくなりました。それまでは一般庶民はマレーシアには入国できないVANならまだてが届く範囲内だったのですが、今ではある程度、だれでも車が購入できるようになりました。

COE(Certificate Of Entitlement)価格

 これが、シンガポールのCOE価格の相場です。この記事は2006年09月19日のTHE STRAITES TIMESの記事です。COEを先にとってから車を購入することができ、どんな車を買うか決めていない人は、Open categoryに入札し、あとから車のタイプを選ぶことができます。Quotaは政府が発行した自動車やバイクを購入できる権利書、Bidは入札した数を表します。かつて安かったVANは一番高くなり、普通の車を比較的購入しやすくなりました。かつては1600cc以下で(S$13,003のものが)S$60,000したそうで、発行枚数も1,000程度だったそうです。それが約倍になったため値段も下がったそうです。発行枚数は基本的に、先月に有効期限が切れた数を参考にするようでCOEは10年たつと権利がなくなります。COE価格の表示は最低落札者の価格をこの新聞では表示されており、結果的に1600ccのCOEにS$30,000で入札しててもS$13,003で購入できるそうです。 COE価格はシンガポールの景気に大きく左右されるそうで、現在は景気がいいようですが、COEの発行数を大幅に増やしているので結果的に安くなっています。今後、更に安くなる可能性は十分にあります。
↓画像をクリックすると拡大します↓

交通渋滞も悪化!?

 シンガポール政府のCOEの大量発行で当然、交通渋滞は悪化してきているのは事実なのですが、まだまだ日本と比較すると、交通渋滞はそれほどまだ深刻な問題ではないようです。シンガポールは電車、タクシーの運賃がまだまだ安いのでそれほど無理をして車を購入する必要があまりないと考えられます。狭いシンガポールでは車は金持ちの道楽だと思われます。
↓画像をクリックすると拡大します↓


1547smc35du a4d7